六代目尾上菊五郎と「菊吉」時代を築いた初代中村吉右衛門
大正十四年録音の復刻成る
初代中村吉右衛門 歌舞伎名場面集
初代中村吉右衛門 歌舞伎名場面集
JXCC-1082
発売日:2012年 3月28日
2,400円+税
  • 天衣紛上野初花(くもにまごううえののはつはな)
    松江邸玄関先の場
    一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)
    須磨浦組打の場
    増補桃山譚(ぞうほももやまものがたり)(地震加藤)
    伏見城奥庭の場

解説:河竹登志夫

初代中村吉右衛門(一八八六~一九五四)は明治十九年三月二十四日浅草寺の裏、浅草象潟町に、三代目中村歌六の次男(本名波野辰次郎)として生まれた。

弟は三代目中村時蔵、十七代目中村勘三郎、娘婿は八代目松本幸四郎である。

初舞台は明治三十(一八九七)年。明治末から大正期に、六代目尾上菊五郎とともに「菊吉時代」築き、いわゆる「市村座時代」を招来し、小宮豊隆が『新小説』に「中村吉右衛門論」(現、岩波現代文庫)を発表(明治四十四年)するなど、知識人にも支援者が多かった。以後も、初代吉右衛門は、父歌六譲りの上方風の芸風に、九代目團十郎の近代的な演技を加え、大正から昭和にかけて、歌舞伎という演劇を新鮮によみがえらせ、多くの観客を魅了した。

戦後は歌舞伎界の重鎮として活躍し、とりわけ六代目菊五郎没後は歌舞伎界の頂点に君臨して、文化勲章をはじめとする栄誉に輝いた。

最も得意としたのは時代物を中心とする演目で、いずれの役にも播磨屋独特の名調子をうたわれ、その型や芸が伝えられている。

また、六代目歌右衛門や十七代目勘三郎、八代目幸四郎らを擁した中村吉右衛門劇団は、戦後歌舞伎の分布図を二分する存在となって、現在の歌舞伎界にも大きな影響を与えている。屋号は「播磨屋」、大向こうからの「大播磨!」の掛け声で知られた。

養子にあたる当代中村吉右衛門が、初代の俳名「秀山」に因んだ「秀山祭」をもよおして、その芸の顕彰につとめている。

昭和二十二年日本芸術会員、昭和二十六年文化勲章。昭和二十九(一九五四)年九月五日没。

 

六代目尾上菊五郎 歌舞伎名場面集

甦る見事な口跡、名台詞で聴く六代目の当り芸! 大正11年の録音(ラッパ吹込み)のCD化成る。

組踊 執心鐘入

「執心鐘入」待望の全曲版、ついに発売! 読経に荒れ狂う鬼女の凄まじい迫力

義太夫「藝阿呆」

安藤鶴夫生誕百年、没後四〇年記念企画 昭和35年芸術祭賞受賞作品「芸阿呆」オリジナル放送音源によるCD化!

初代中村吉右衛門 歌舞伎名場面集

大正時代に六代目尾上菊五郎と共に「菊吉時代」を築いた初代中村吉右衛門、大正14年の録音のCD化成る