予想を超えた鋭い洞察力は、”現代のシューマン”というべき表現力だ。
 
(評論家・諫山隆美)
子ども達に贈るエッセイ
風のダンス
NWCE-1002
2,381円+税

1. 子犬のいたずら 0:50
2. おちばのささやき 1:12
3. よちよちアヒル 0:46
4. ある日のこと 1:20
5. 花つみ 0:54
6. むや(撫養)のこもりうた 1:31
7. ニャンコのまど 0:48
8. ひとりぼっち 1:07
9. 森のうさぎ 0:41
10. 鳩時計 0:57
11. 風のダンス 1:09
12. 小さなプレイヤ- 1:05
13. あられのダンス 1:13
14. ふるさと 1:29
15. 秋の散歩道 1:15
16. わんぱく坊主 1:05
17. スキップ 1:37
18. 川の流れ 1:26
19. はにわの踊り 0:52
20. 沖縄のタンブリ-ノ 1:44
21. 夏のあらし 2:03
total time 24:55
作曲 :有馬礼子
ピアノ演奏:南院紀子
イラスト:王子江
録音:コロムビア第一スタジオ
※楽譜発売中 2,300円+税

カワイ出版でのご購入は画像をクリック↑

作曲者の一言
 お母さんの眼を通して見た子どもの世界を音楽にしたのが「子どもの庭」であったのに対し、子どもの眼を通して自然や動物の世界を描いたのが「風のダンス」です。

子どもが弾いて易しく、ピアノの練習になるように、しかも楽しいものとを1曲1曲ごとにテーマを決めてつくりあげたのがこの21曲です。

 「子犬のいたずら」をはじめ1分ぐらいのものから5分ぐらいのものばかりですから、気軽に聴いたり、弾いたりしてみて下さい。

一番おしまいの「夏のあらし」になると子どもには少々弾きづらいかもしれませんが、真夏の暑いさなかに嵐が来るとこのように荒れてリズムが崩れ、うっとうしいような、でもその荒れた感じが爽快に感じられるような・・・・子どもにとって夏のあらしはこんなような気持ちにさせるものではないかな?などと想像しながら書いた作品です。

気鋭のピアニスト、南院紀子先生が弾いてくださいました。お子さんがお弾きになる時はもうワンテンポ落として弾いてくださっても結構です。

とても易しい曲ですから、初見の練習にはもってこいだと思います。

 

ピアノ曲集「風のダンス」

予想を超えた鋭い洞察力は、"現代のシュ-マン"というべき表現力だ。(評論家・諌山隆美)

ピアノ曲集「子どもの庭」

予想を超えた鋭い洞察力は、"現代のシュ-マン"というべき表現力だ。(評論家・諌山隆美)

ヴァイオリンを聴こう! くまばちはとぶ

年齢を問わずに好評の、親しみやすいクラシックヴァイオリン名曲集!

ピアノを聴こう! 小犬のワルツ

邦人ピアニスト名曲集としても秀逸なコンピレーション。大人にもおすすめです。

オーケストラを聴こう! クシコス・ポスト

こどもの自由な想像力を羽ばたかせるオーケストラ名曲集。一流指揮者による本物の音楽!

子守歌を聴こう! ねむの木の子守歌

小島美子(日本伝統芸能研究)氏推薦。ピアノ伴奏で楽しむ日本各地のこもりうた逍遥。