歴史を駆け抜けたジャズの貫禄!
黄金時代と再会セッションをカップリング!
レイモンド・コンデとゲイ・セプテット
JXCP-1014
2,400円+税
1. オープニング・テーマ 0:28
2. ローズ・ルーム 3:25
3. ネイチュア・ボーイ* 3:19
4. オー・レディ・ビー・グッド 3:21
5. ユー・ビロング・トゥ・ミー* 2:48
6. 別れても 3:20
7. 時の過ぎゆくまま* 3:14
8. オー・レディ・ビー・グッド 4:48
9. トゥ・ヤング* 4:33
10. 私の彼氏 4:51
11. サンパギタ* 3:23
12. スターダスト* 4:07
13. モナ・リザ* 3:43
14. オール・オブ・ミー* 3:01
15. フーズ・ソリー・ナウ 4:25
16. ネイチュア・ボーイ* 4:02
17. 明るい表通りで* 3:59
18. ビテュイング・マリキット* 2:41
19. アイ・クロス・マイ・フィンガー* 4:26
20. クロージング・テーマ 1:29
Total Time 70:17
*レイモンド・コンデ、ヴォーカル

「ユー・ビロング・トゥ・ミー」は本盤初収録

レイモンド・コンデとゲイ・セプテット
レイモンド・コンデ、クラリネット&ヴォーカル/フランシスコ・キーコ、ピアノ/与田輝雄、テナー・サックス/増田一郎、ヴイブラフォン、チェレスタ/内田晃一、ヴィブラフォン/蓮見芳男、ギター/吉場恒雄、ベース/狩野猛、ベース/大野喬、ドラムス

解説:瀬川昌久
魅力ある懐かしいアーティストを採り上げるシリーズ“あの頃の人たち”第1弾は、戦前フィリピンから帰化し、日本のジャズ・シーンに多大な影響を与えたレイモンド・コンデです。

在団した多くのサイドメンや歌手を巧みに統合して、独自の魅力的でエンターテイニングなジャズを作り上げた点で、独自の輝かしい成果を果したゲイ・セプテットとコンデ、そしてやはりフィリピン出身の卓越したピアニスト、フランシスコ・キーコの2人がレギュラー・コンボとしてフル活動したのは、1947年から1960年に至る十数年にすぎませんが、その印象が余りにも強烈だったため、彼らの音に魅せられた多くのファンの要望に応えた2人を囲むゲイ・セプテットの再会セッションは数多く企画され、レコーディング等が実現されました。

本アルバムは、1959年の現役時代(6曲目まで)と1982年のデジタル録音による再会セッションを合体収録して初CD化した貴重な音源集です。

占領軍スペシャルAランクのゲイ・セプテットのごきげんなサウンド、コンデの甘い声とキーコのピアノ。何をとっても嬉しい一枚。特に「ネイチュア・ボーイ」「オー・レディ・ビー・グッド」では、同じ曲で23年の隔たりを聴き比べることができます。